2014 Rip Curl Pro Bells Beach スタート

今日の静岡は、曇りで気温も上がらず寒いです。
オーストラリアのビクトリア州ベルズビーチにて WCT 第3戦 Rip Curl Pro Bells Beach Men’s ラウンド1が、始まりました。
ビード・ダービッジは、ヒート1に出場、大きなラインのサーフィンでラウンド3にジャンプアップしました。
ビード調子よさそうです。
ビード・ダービッジ 2014 Rip Curl Pro Bells Beach
ビード・ダービッジ 2014 Rip Curl Pro Bells Beach

2014 Rip Curl Pro Bells Beach R1H1 ビード・ダービッジ

今回もっと驚いたのが、ワイルドカードで出場していた Cahill Bell-Warren
去年のWQS志田下の大会に Mt Woodgee Surfboards ライダー Tim McDonald (ティム・マクドナルド)と一緒に来日したあのカイルじゃないですか。
ティムとカイル
地元枠の wild card とは言え、わずか1年で WCT の舞台に出るなんてまさにドリームズカムトゥルー(放送の中で何度も言われてました(^0^;))です。
話し好きで真面目な彼でしたが、こんなにもWCTが身近だったなんてもう驚くばかりです。
ラウンド1では、 Joel Parkinson と Adam Melling を相手にいい線いってました。
ラウンド2でも Nat Young を相手に引けを取りませんでしたし、すごいです。
カイル Cahill Bell-Warren
ボードについて語る Board Breakdown: Bell-Warren on Bells も撮影されてます。
期待の新人ですね。
昨年の記事はこちら「ティムをピックアップして志田下へ

いつも応援ありがとうございます。ランキングサイト参加中です。
↓↓↓下記ボタンをポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

コメントを書く