J-Bay Open ラウンド4までウィルコ躍進?

静岡方面は、波無しが続いております。
明日から3連休の方も多そうですが、波上がるといいですね。

7月10日より南アフリカで開催中の WCT 第6戦 J-Bay Open は、ラウンド4まで終了して波待ちが続いております。
本来のビッグサイズのロングウォールがコンスタントに入ってくるコンディションになかなかならず、気持ち小さめサイズのスーパーチューブスです。
しかも今期の採点基準がリップ重視だからなのか?レギュラーの波なのにグーフィーフッターが躍進するという状況です。
特に今まで不調が続いていたマット・ウィルキンソンがラウンド4も1位通過でクォーターファイナル進出も決めています。
ラウンド2でビード・ダービッジをラウンド3ではケリーを下して、ラウンド4ではコロヘとソーザも押さえ大躍進とどうしちゃったんでしょうか?
マット・ウィルキンソン J-Bay Open

J-Bay 2014 Day 2 Highlights

J-Bay 2014 Day 3 Highlights

Quarterfinals

HT 1 J. Parkinson vsd TBD
HT 2 M. Wilkinson vs TBD
HT 3 O. Wright vs TBD
HT 4 A. Muniz vs TBD

Round 5

HT 1 J. Kerr vs A. De Souza
HT 2 K. Andino vs T. Burrow
HT 3 G. Medina vs C. Hobgood
HT 4 M. Fanning vs F. Patacchia Jr.

いつも応援ありがとうございます。ランキングサイト参加中です。
↓↓↓下記ボタンをポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

コメントを書く