海岸浸食

浜岡方面の海での出来事
なにやら伐採した枝葉を束ねた物を海岸に降ろしております。
なんなんだろうと尋ねたところ、この辺りは昔、山3つ分位の砂丘だったそうです。
所が今では、ちょっと登ればすぐ海です。
なんでも、大きな川の上流ではダムが出来、それ以来砂が山から下りてこなくなったそうです。
そこで、海岸の浸食を防ぐ目的で枝葉を敷き詰めて砂が舞っていくのを押さえる目的で敷き詰めているとのことでした。
これが、自然の循環の営みを人間のエゴで破壊し続ける日本の現状です。
温暖化や魚が捕れなくなった事とかでもこの辺が影響していることはわかりきっているのにです。
税金を食い物に無駄な物をつるり出し、それを直すためと言いまた無駄な護岸工事。
すごく無駄な事をして税金だけを消費し続けるこの構図が無くならない限り自然は破壊されて、日本全土をコンクリで固め続けることでしょう。
静岡県は既に空港建設という名目でかなりの自然破壊とアスファルト固めを山にしております。
でも、県民がその姿を望んでいるのですから困りものです。

(Music: Jason Mraz – I’m Yours)



よければこちらもクリックしてもらえるとうれしいです。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ

コメントを書く