2009 AUST Snapper Rocks


ゴールドコーストのサーフポイントの代表格と言えば、「スーパーバンク」ことスナッパーロックス。
スーパーバンクと言われる由縁は、ツィードリバーから砂を大量にスナッパーロックスに流し込んだ事によるある意味人工的に手が加えられたことによる副産物でもあります。
元々、そのような事などしなくてもスナッパーからグリーンマウント、キラと3つのビーチは、コンディションさえ整えば最高なレギュラーが出来ていました。
なのに人工的に砂を入れたが為にグリーンマウントとキラが砂が付きすぎて砂漠のなってしまい、見かねた人たちが今度は、砂を入れることを反対してキラを復活させる運びとなりました。
砂が流れ込まなくなったおかげでキラは若干ですがビーチが戻り出しています。
その代わりスーパーバンクと言われたスナッパーは、スーパーでは無くなりつつあります。
さらに、混雑度が毎年毎年混んでいる混んでいると言われ続けていましたが、今年はかつて無いほどの混雑でした。
もうだいぶ前から「世界で一番fuckが飛び交うポイント」と言われてましたが、未だ衰えずです。
海でひかれたとか、板に穴があいたとか、傷ついたなんて当たり前のように経験できるポイントです。
年々、ビクトリア州や南オーストラリア、シドニー周辺などからQLDへと移り住んでくる人が増えています。
それに加え、永住でこの地に来る人も増え、さらにQSproなどでたびたび紹介されるので、ヨーロッパやイギリス、ブラジルなどの旅行者が格段に増えています。
私の住んでいたフラットにもブラジル人が集団で居ました。
もちろん、日本からもツアーまで組んで人を集めている方もいるようですし(是非日本でも有数のポイントブレイクに人を集めて入ってみてもらいたい)、それはそれは混むのも当たり前です。
オージーや、出稼ぎできているキュィの方々が口を揃えて言う言葉は、「今年のスナッパーは、大混雑」と言う物でした。
地形が前ほど良くなくて、ブレイクも落ちているのに混雑がハンパ無いスナッパーでは、もう行く価値無くなりました。
かつては、バーレー、キラがあって初心者や子供、ロングボーダーが入るポイントだったスナッパー。
今でも、バーレーローカルに言わせれば、でかい時のバーレーで入れないやつは、「スナッパーへ行け」と言われるようなポイントらしいですけどね。
スナッパーって。

こちらぽちっとお願いします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ


コメントを書く