Billabong Pipe Masters 終了、優勝は

今日も朝から寒く、すっかり冬ですね。
ハワイで開催されていたWCT最終戦Billabong Pipe Mastersが、終了しました。

決勝は、Kieren PerrowとJoel Parkinsonのオージー対決、ビックウェーブに強いKiereが優勝しました。

Kieren渋いですね。デュランバーの小さめの波で練習しているKierenを見かけたことがありますが、すごくしなやかな動きで小波でもきれいなフォームで乗っていた姿が印象に残っています。

Kieren Perrow  Win Billabong Pipe Masters 2011
Kieren Perrow (AUS) rides a perfect 10 at backdoor to win his semifinal. © ASP/ Kirstin

Billabong Pipe Masters Final Kieren Perrow (13.17) def Joel Parkinson (7.00)

そして、2011 Vans Triple Crown 優勝は、John John Florence となりました。
QuarterfinalでKellyには敗れましたが、すごい19歳です。

If John John Florence (HAW) didn't have girls offering him his number they will now after being crowned the youngest Champion ever in the history of the VANS Triple Crown.

Billabong Pipe Masters Quarterfinal R2 Kelly Slater (17.53) def John John Florence (16.70)

いつも応援ありがとうございます。ランキングサイト参加中です。
↓↓↓下記ボタンをポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

コメントを書く