フランス製エスパドリーユの復活

今日も朝から暑いですね。
なんと今日は、風も弱く面が綺麗だとか(^_^;)
波乗りの話題では無いのですが、今朝のニュースでフランス製エスパドリーユ復活の話をやっておりました。

エスパドリーユ【espadrille】靴


エスパドリーユとは、甲がキャンバス地で底にジュート麻の
ロープ・ソールを付けたリソーと用に用いるサンダルのことをいう。

フランスのバスク地方で使われていたわらじ風のサンダルのこと
現在では縄底のリゾート・サンダルのことをいう。
【関連資料】 ファッション辞典

フランスバスク地方では、エスパドリーユの産業が盛んだったそうですが、次第に中国製品の台頭によりフランス製の物が売れなくなり産業が衰退してしまったそうです。
しかし、フランス人銀行家がリタイヤしてフランス製にこだわったエスパドリーユを販売したところ、本来の履き心地であるフランス製エスパドリーユは大好評で次第に売れ出したそうです。
しかも、今や最大のマーケットがアジアであり特に中国だとか。
やはり本物の良さは、誰しも使ってみればわかるのでしょう。
中国製に押されている日本の産業ですが、この様なことを踏まえ復活の機会はまだありそうです。
がんばろう日本!

French espadrilles makers strike back in Asia

espadrille エスパドリーユ

いつも応援ありがとうございます。ランキングサイト参加中です。
↓↓↓下記ボタンをポチッとお願いいたします。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

コメントを書く